痩せるためのウォーキング方法

2018年4月24日

目次
効果テキメンのウォーキング
痩せる歩き方


効果テキメンのウォーキング

 

世間では、さまざまなダイエット法が
流されています。
女性にとっては美容のため、中高年に
とっては健康のためにダイエットに大
いに関心を持っています。

そのために、ビジネスの対象になるん
ですね。ちょっと何かを書けば売れる。
元々スレンダーな美女が何かを発信す
れば売れるという訳です。

なので、ダイエットにはどうしてもお
金がかかります。
なのでというよりも、元々努力を要す
るものにはお金がかかるものなのです。

もしかすると、お金と時間が反比例し
ているかも知れません。
高いお金を払えば短期間で痩せられる
かも知れませんし、お金をかけないで
やろうとすれば時間がかかるかも知れ
ません。

では、私がオススメするウォーキング
はどうでしょう。

お金がかからないけど、時間がかかり
ます。一日1時間、数カ月は掛かると
考えたほうが良いでしょう。

時間がかかるということは、その間働
かないわけですから、時給換算すると
、毎日安くても千円程度、人によって
は数千円かけているとも考えられます。

しかし、経験者の私からすれば効果テ
キメンです。

1,2年の実践で、今ではズボンのベル
トの穴が合わなくなって新規購入しよ
うかと思うほど数センチもお腹が凹み、
メタボも解消されました。

是非、手軽に始められるウォーキング
を実践しましょう。

継続は力なり

ウォーキング実践で最も大切なことは
継続することです。即ち、毎日続ける
ということです。

一日でも欠かすと、翌々日はまたもと
に戻ったように感じます。なので、で
きれば雨の日でも休むべきではないと
思います。(健康第一ですから、雨の
日は室内を歩くなどという工夫も大切
ですが。)

一日の目標歩数は1万歩と言われてい
ます。日常生活で、2~3千歩は歩く
と想定して、7~8千歩くらいでも良
いとも言われています。

私も、スマートホンの歩数計アプリ
設定を7000歩にして、毎日7~8
千歩を実践しています。

初めは、無理せず2,3千歩から始め
ました。何しろ「継続は力」ですから、
無理をすれば止めることになってしま
いますので。

5千の壁を超えるのに結構時間がかか
りました。半年近くかかったかも知れ
ません。しかし、その壁を超えたら7
000はそんなに難しくはなかったよ
うに思います。

その気になれば、歩数計を1万歩にす
ることも構わないのですが、貴重な時
間ですから、1日1時間を越えないよ
うにしているのです。

計算しやすく言いますと、
1時間60分に6000歩歩き、残り
1000歩を別な時間に歩くとします。

60分で6000歩ということは、1
0分で1000歩、1分で100歩
という計算になります。

1分で約100m歩きます。なので、
1時間で6kmということになります。
結構ハイペースですね。2割程度減ら
しても良い運動になっていると思いま
す。

この速さは、普段ウォーキングなどし
ていない若い人と一緒に歩いていても
、「速い!」と驚かれる速さです。

そのくらいの歩き方をしないと、「運
動」とは言えないでしょうが、決して
わざと早く歩いているわけではなく、
いつのまにかその速さが普通になって
しまっているのですね。


痩せる歩き方

1.毎日7000歩以上歩く

上記に書いたとおりです。男性80
00,女性7000という学者もい
ますが、「毎日1時間、7千以上」
と憶えておきましょう。

2.速く歩く

たとえ1時間歩いたとしても、千や
2千歩でゆっくり歩いても運動には
なりません。なので、犬の散歩くら
いではだめでしょうね。

3.姿勢良く手を振って歩く

姿勢が良ければ、背骨、脳、内臓に
も良い影響を与えます。また足の動
きにも関係します。私は、お腹が動
くのを感じるような歩き方を心がけ
ています。また、速く歩くには自然
と手をふることになりますが、手を
振ることによって、肩甲骨を動かす
ことになるので、これも内臓や呼
吸器に良い影響を与えることになる
のです。

4.適度に有酸素運動を

1分間に100歩というだけでも結
構速いのですが、一定時間さらに速
めて有酸素運動とすることが、極め
て効果的と言います。私も、速度に
緩急つけて歩いています。ときには、
走ったりスキップしたりします。
また、日野原先生が「階段を見たら
薬と思え」と言いましたように、散
歩コースの中に階段、歩道橋、坂道
があったら、進んでそこを利用しま
す。とくに、歩数が足りなかったと
きや雨の日など、家の渡り廊下に
ある3段の階段を何度も上り下りし
ています。

手軽にできるウォーキングで、あなた
もシェイプアップした体になってくだ
さい。

スポンサーリンク