不登校状態の回復へのプロセス

温暖化の影響もあるのでしょうか、
このごろ,夏の期間が長くなっている
ように思います。

入梅期前の初夏の期間が長かったり,
逆に夏休みが終わる頃になって
暑くなりだして,10月になっても真夏
の陽気などということが多くなってい
るように思います。


不登校児指導体験記


わたしが福島県で小学校の教員をして
いたころの体験を少々お話しします。

福島の2学期は、ほとんどが8月下旬か
らでした。

たった1週間ほどの8月くらい出席率
100%を実現したいなと毎年思って
いましたが,暑さで体調を崩すこが結
構いまして,全員出席などということ
は意外に簡単ではありませんでした。

不登校が出現しやすいのもこの時期で
した。わたしには今でも後悔してるこ
とがあります。

1学期からすでに休みがちな一人のひ
弱な男子がいました。

その子のことも考えずに、未熟なわた
しは,出席率100%を達成しようと
いう浅はかな考えから、早く子どもた
ちに学校生活の感覚を戻してあげたい
と思い、毎日、「頑張って来ようね。
」と帰りの会で励ましていました。

結局、それが逆にプレッシャーになっ
たのでしょう、8月100%達成がで
きたかどうか覚えていませんが、その
子は、9月から完全な不登校状態に入
ってしまいました。

その子の他にも現役時代に何人もの不
登校児を担当しました。
そして、我が子も不登校を経験しまし
た。

そうした経験から学んだことは、
不登校対策などというお決まりのマニ
ュアルは役に立たないということです。

なぜなら、子どもは一人ひとり環境も
生い立ちもちがい、時代も違うのです。

わたしが経験から学んだことは、
結局、「徹底して子どもに寄り添うこ
と」ということでした。

不登校児に限らないことですが、
あたかも、自転車の練習のように
つかず離れず、寄り添い、見守ること
です。

その資格があるのはもちろん親ですが、
親だけではありません。
子どもの周りのおとな全てがその対象
です。

残念ながら、親か教師かどちらかが
その役割ができない場合があるかもし
れません。

しかし、それも責めることはできませ
ん。みな、それぞれの立場で精一杯や
っているのですから。


不登校から脱出するまでのプロセス


子どもが不登校や引きこもり状態から
脱出できるようにするために、わたし
は次のようなプロセスで関わります。

1.将来に目を向ける。

多くの中学生が3年生になると再登
校する傾向があります。
それは、将来に目が向くからです。
ずっと先、職業や一生のことまで目
を向けさせます。

何も考えていないのが普通なので、
いろいろな職業があることを教えま
す。
もし、ゲームなどはまっているもの
があるのなら,その「ハマっている
もの」から連想して教えます。

もちろん、職業でなくても、「金持
ちになりたい」など「将来の状態・
境遇」でもいいのです。

2.そのために今何をしたら良いのか
 話し合う

できれば、自分で結論が導けるよう
話を誘導します。それで、国語や英
語など必要な知識やスキルにきづく
ようになると思います。

3.当面の進路を自分で決める

勉強の必要性を感じ、程度の差こそ
あれ勉強への意欲が増してきます。
能力と時期的な問題から現実の道が
見え当面のゴールも見えてきます。

「どこの高校に行くか。」は、自分
で決めさせましょう。それが、実力
に合わないところだとしても、「自
分で選んだ」ということを重視して
例え受験に失敗してもそうすべきと
思います。

このような過程のどこかで、
再登校が実現することが多いのです。

もちろん,目標は再登校ではありませ
 ん。目標は、あくまでも「子どもの自
 立」にあります。

中学校時代に中途半端に自立しなくて
もいいのです。

今や40になっても50になっても自
立できない「子ども」が日本中溢れて
いるわけですから、たいしたことでは
ありません。

 

 

スポンサーリンク