快便のためのオススメ・ルーチンワーク

あなたは、今朝は快便でしたか?
私はもちろん快便でしたよ。

なんか、変な挨拶ですけど、
人生、健康第一。
快便こそ健康のバロメーターと思いませんか?

 


オススメ快便ルーチンワーク


さて、
きょうは簡単に
オススメの快便ルーチンワークを
紹介しましょう。

まず、
前日7000歩のウォーキング。
睡眠7時間。

朝のルーチン

起床後、
お茶を飲んだ後
1回めのお通じがある場合があります。

朝食は、御飯(最近麦飯入り)軽く1膳
味噌汁1杯、納豆・季節の野菜少々、卵焼き、
梅干し少々、その他少々

オススメ納豆レシピ

ここで,快便を促すイチオシ納豆レシピを紹介します。

材料:納豆(パックの1/3~1/2),酢,牛乳,大根おろし,梅干し少々,(きざみネギ,醤油,きざみ海苔)
作り方:小鉢に納豆を入れ,大根おろし,梅干し,ネギ(醤油・海苔)をお好みの量を入れます。そこに酢を振りかけてかき混ぜ
ます。ふわっとした感じになります。さらに,牛乳をひたひたに入れて混ぜます。最後に酢をもう一度振りかけてかき混ぜ
て出来上がりです。好みで,酢と牛乳の量を調節しますと,味や粘りが変わってきます。
出来上がったものを,ご飯にかけて食べても可,そのまま食べてもおいしいです。
食後,いい具合に便意がやってきます。

朝食後のルーチン
(私の場合,定番の服薬:血圧、コレステロール、
尿酸値管理20年以上疑わず医者の言うとおり継続)

同時に、
サプリメントとして
ビタミンC500mg(これがまた快便に効きます),ビタミンB群230mg

食後の歯磨きは欠かさない。
歯磨きをしているうちに便意を催してきます。

トイレに入り、便座に腰掛け
すぐに息張ったりしません。

まず、左側に体を曲げる運動をします。
もどして、今度は姿勢を正しやや後ろに反ります。
次に、体を右に曲げる運動。また戻します。
それぞれ時間は、10~20秒。

これは、実は眼科で教わった「めまい体操」と言い、
三半規管内の耳石を整える運動です。
この運動が腸にもよい刺激になるので
便座に座るたびに実践しています。

快便のための運動の基本は,「ひねり」です。
さまざまな「ひねり」を工夫しましょう。

また,必要な場合は「腸もみ」をします。
おへそ付近から背中に向けて両手のこぶしで
軽くぐりぐりと刺激します。

これらの運動をしている内に自然にお通じがあります。

調子悪く出ない時は、
無理して息張ったりせず諦めます。

昼のルーチン

食事の量は少々。
麺類1杯か食パンに茹で卵、サラダ、コーヒー。

食後,朝同様ビタミンC500mgのサプリ。

間食、ほとんどなし。
飴、アイス、コーヒー1杯くらい。
水分はついつい忘れがちなので、意識して取る。
お茶、ジュース。

季節によって時間帯は違いますが、
毎日7000歩(約1時間)の散歩。
ときどき、走ったりスキップしたりします。
スマホのアプリで記録してます。

夕のルーチン

夕食は、満腹するくらい食べます。
ビール1缶、ワインか日本酒少しと
食事時間1時間位。

朝同様,ビタミンC500mgとB群230mg
のサプリを取ります。

入浴、温度39度~41度。
湯船で、手足(手指・足指)の体操,
リンパマッサージ,計5分くらい。

就寝前に歯磨き。歯間ブラシ。
日によって、栄養ドリンク剤。

以上が私のオススメ快便ルーチンワークです。

是非お試しください。

スポンサーリンク