二日酔い対策に最強の食材は「納豆」

正月など親しい者集まるときは、どう
しても飲む機会が多くなります。
普段あまり飲まない人は、(いや、飲
んでいる人でも)ついつい飲みすぎて
二日酔いになって後悔し勝ちです。

そんなことにならないためには、場数
を踏むしかないのかもしれませんが、
事前に知っておくと便利な知識をまと
めてみました。


二日酔い予防と処置にはと納豆

と、覚えておきましょう。

二日酔いの主たる症状は、
脱水症状です。

なので、まず第一に
水分の確保が重要なのです。

急性アルコール中毒で救急車で運ばれ
ると、まず点滴で水分を補給するそう
ですよ。

それくらい大事なのですね。
酒類に含まれ水分はすべてアルコール
を排泄するために、尿として出されて
しまうから、体内にほとんど残らない
ということです。

ということは、
酒類以外にお茶やジュースなどをこま
めに摂っていれば良いのですね。もち
ろん、食べ物にも水分は含まれていま
す。

そういう予防策を取らずに翌日二日酔
いになってしまったら、まずは水分補
給と覚えておきましょう。

しかも、吸収の良いスポーツ飲料がい
いです。

タンパク質とビタミンB1でアルコール
を解毒・分解

たんぱく質が代謝されて生まれるアミ
ノ酸には、肝臓の解毒作用、アルコー
ル代謝を促進するなど、肝機能を向上
させる効果があります。

また、アルコールが肝臓で分解される
時には、ビタミンB1も大量に消費され
ます。ビタミンB1は糖質の代謝を助け、
こちらもアルコールの分解の手助けを
します。

また、食物繊維は消化されずに胃腸に
とどまり、アルコールの吸収を緩やか
にしてくれます。

納豆の効果

これらの栄養、タンパク質、ビタミン
B1,食物繊維のすべてを豊富に含むの
が納豆です。

加えて、納豆に含まれるネバネバ(ム
チン)は胃粘膜と主成分が同じため、
アルコールによる胃の刺激から守って
くれます。

さらに、
納豆を食べるとγ-GTPを下げる効果が
分かっています。

γ-GTPが多いということは、肝臓や膵
臓に何か異常があるということなので、
γ-GTPを下げることが間接的に健康に
近づくことと言えるのです。

このように、納豆もまた
水分同様、酒類を飲みながらのおツマ
ミに加えるべきです。
そして、酒飲みにとっては、普段から
毎日の食事メニューには欠かせない食
材と言えるでしょう。

スポンサーリンク