便秘解消の秘訣は下痢?水の効用

わたし、先日ひさしぶりに下痢になってしまいました。

このごろ、下痢を経験することがそんなにないので
私の家には下痢止めが置いてありません。
なので、下痢になったら、ひたすら収まるまで待つだけです。
(もちろん、水分補給だけはしないといけません。)

それは、これで済んでしまうことが
経験からわかってるからですが、
子供の頃は親が薬好きということもあり、
何かというと下痢止めを使っていました。

また、今から思えば、
神経から来る過敏性大腸のようなものだったのか、
それとも、不衛生で菌が入りやすかったのか、
少年時代は下痢が多かったように思います。

ところで、
先日の下痢の原因は何だったのでしょうか。
前日の食事だったのか、
睡眠不足(用事のため4時ころ起床)か、
下痢の1,2時間前にいただいたおにぎりのせいか。

その日の朝は快腸で、
朝食前後に1,2回のお通じ(よくあることです)
その上、高速のパーキングエリアのトイレでも「大」をしました。

やはり、快腸ではなかったようですね。
その上、おにぎりをすすめられて、
その厚意を無碍にできなくて、
本当は普通夏場は生ものやおにぎり類は
避けることにしていたのですが・・。

ということで、
その日は夕刻帰宅するまでに3,4回の下痢でした。
でも、それ以降は何事もなかったので良かったです。

 


便秘解消のための水


わたしは、いくつかのメルマガを愛読しています。
ほとんどが、健康には関係ないものばかりですが、
最近、わたしが読んでいるあるメルマガの記事の中に、
あっけにとられるようなことが書いてありました。

便秘を治すのには、大量の水を飲めばいいのです。

たしかに!
そりゃそうだよな。

わたしは、このごろ(熱中症予防もあって)
意識して水分を取るようにしているから
よく飲むので便秘を免れているかもしれません。

遺伝なのか、体質なのかよく分かりませんが、
「意識して」飲まないと、半日水分を取ってなかった
ということがちょくちょくあるのです。とくに冬場など。

「出が悪いな」と便座に腰掛けながら感じる時、
振り返ると、大抵水分不足か睡眠不足です。

医者の話では、
健康な便の水分は、60~70%が水分だそうです。
これが、90%を超えると下痢になるということです。
ということは、常に水分が70%程度の便に
なるようにしておけばいいわけですね。

でも、すでに水分が抜けて固まっている便に対して、
後から大量に水を追加して効果があるかどうか、
私自身試した記憶がないので、なんとも言えません。

健康な体にとって1日に必要な水分は、
1.5L~2Lということです。

飲料水のほかの食物の水分を含めての量ですが、
やはり意識して摂らないとなかなか難しそうです。

なにしろ、ビールなどアルコール類は
水分に含められませんから。
アルコールだけ吸収されて、
水分は尿として排出されてしまうのです。

わたしは、このことを知ってからは、
食事前(即ちビールを飲む前)と食後に、
必ず水分を取るようにしてます。

水分だからと言って、
コーヒーやお茶もいいとは限らないようですよ。
カフェインの作用でアルコールと同様
尿として排出されてしまうからです。

お茶は、ビタミンCの効果がいいのですが、
気をつけて摂らなければいけないということです。

さて、おすすめの水として、
アルカリイオン水の話をしたことがありますが、
便秘予防には、硬水と炭酸水がいいんですってね。

硬水に含まれるマグネシウムは、
下剤の中にも使われているほどだそうです。
炭酸はもちろん、ガスが腸を刺激するわけです。

試してみてください。

スポンサーリンク