アンチエイジング 記憶力減退防止法

きょうは、DHEAとNGFに注目します。
アンチエイジング物質です。

このところ、
どうしてもTVの健康番組を見てしまいますね。

他になかなか見たい番組がないので
仕方ない面がありますが、
やはり健康情報には注目してしまいます。

最近のアンチエイジングの研究は
進んでますね。
1年前の情報がもう古くなったりします。

つぎつぎと情報が入ってくるので、
今日のようにすぐメモして置かなければ
忘れてしまいます。

若返りホルモンDHEA

テレビ番組で紹介していたのは、
まず、DHEAでした。

なんだか、DHCとかEPAとかと
混同してしまいがちですね。
実際、ちゃんとサプリメントにもなっています。

DHEAは、副腎で作られるホルモンで
25歳を頂点にしてその後減り続け
40歳では半分、70歳以上では1/5と
言いますから、

まさに、
若者特有のホルモンと言えそうです。

そのようなホルモンですから、当然
効用としては、

1.免疫力アップ
2.ダイエット効果
3.ストレス軽減
4.不妊改善、性欲向上
5,記憶力向上

番組でも取り上げていましたように、
認知症の予防になるという点では
注目に値します。

しかし、
あまり薬やサプリメントは
増やしたくないのが多くの高齢者の
考え方ではないでしょうか。

DHEAをサプリ以外から増やす

サプリには副作用も心配だし、
次のような方法ならば、できそうです。

1.納豆、青魚、ヤマイモを食べる
2.運動をする
3.ストレスを感じない生活をする

わたしも、3つとも合格してそうなので
このまま続けていきたいと思います。

脳の老化を防ぐ脳内物質 NGF

もうひとつは、
脳内物質NGFについてでした。

これは、最新の研究で、
まだ、マウスでの実験段階で
ヒトでの実験データは示されて
いませんでしたが、

番組と研究者が協力して
数人の高齢者で簡単な実験をし、
その結果を紹介していました。

それによると、
その中の85歳の最高齢の方が
最も記憶力がいいことが分かり、
NGFの量も他の方より数倍も
多かったことが判明しました。

で、その方が実践していた
NGFを増やす方法というのが、
研究者の先生が考案したもので、

タオルマッサージ
という簡単な方法でした。

NGFを増やすには、脳の血流をあげる
ことなので、おすすめは毎日の
ウォーキングということですが、

ウォーキングに匹敵する方法が
タオルマッサージということです。

その方法は、極めて簡単で、
毎日10分間ほど
乾いたタオルを手のひらに挟んで
軽くマッサージをする
というものでした。

まとめ

まとめますと、
適切な食事と、
毎日の運動(ウォーキング)
ということになりそうです。

脳内の血流アップに限らず
体全体の活性化のために
やはりウォーキングがシンプル
で分かりやすいアンチエイジング法
と思いました。

常々感じることなのですが、
長生きしている人を見ていると、
とにかく何でも独りでやろうとしてますよね。

人間、この世で自ら進んでやること
即ち目標に向かって行動する、
生きる、生きるために考える、話す、食べる・・・

そういったことをする必要がなくなる、
あるいはする意欲がなくなった時、
自ずと筋力は衰え始め
ホルモンは減り始めて、
死に向かうのではないでしょうか。

スポンサーリンク