美白と言わないまでも、シミを消したい

歳を重ねるたびに
顔のシミが気になってきました。

もともと、ほくろが多い方だったので
以前はあまり気にはしてませんでした。

しかし、何年か前
小さな子どもが描くわたしの似顔絵
を見てがっかりしました。
顔中シミだらけなのです。

美白剤なるものを使ってみた

1,2年前家内に相談したら、
家内が使っている化粧品を使って
みるように奨められました。

半信半疑で、ときどき使って
きましたが効果の程は分かりません。
気のせいか、シミの色が少し薄く
なったようにも思います。

今年の夏はほぼ毎日のように使った
と思いますが、変わりないと思い
またやめてしまいがちです。

そんなふうでは効果あるものも
効果がでてくるはずもないでしょう。

で、ふと思い立って、
使用している化粧品の成分を調べてみました。

ビタミンC誘導剤とハイドロキノン

美白剤と言うと、
単に顔を白くしたい女性が使うものと
思い込んでいましたが、
シミを取る効果があるのですね。

調べてみた結果、
わたしが使用しているものには、
ビタミンC誘導剤が入っていました。

ビタミンCには、
美白効果まであるのですね。
やはり、毎日ビタミンC1000g
サプリメントで摂り始めてよかったと思います。

また、美白にいいのはCだけに限りません。
ビタミンACEと言うそうで、
抗酸化作用のあるほかのビタミン群
の摂取も大切です。

二種類の美白化粧品

ところで、
美白化粧品には2種類あります。

ひとつは、シミ・ソバカスなどすでに
出来てしまっているものを消すためのもの。

一方は、これからメラニンが出来ないように
予防するためのもの。

私の場合は、当然すでに出来てしまったものを
消したいので、前者の化粧品になります。
もちろん、こちらのものもメラニン生成の
予防になることは当然ですが。

それで、もう1つのハイドロキノンなのですが、
これは効果が大きいだけあって作用が強く、
皮膚科で処方されているくらいですから、
気をつけて使用する必要があります。

わたしは早速購入したところです。
まだ効果の程は分かりませんが、
後日報告したいと思います。

早く確実にシミを消すなら

それは、当然
皮膚科に行くべきです。
下手な化粧品にお金をかけるより
安くて安全なのではないでしょうか。

レーザーやイオンを使った治療や
内服薬の処方もあるようです。

スポンサーリンク