食事介助の仕方に見る介護の極意

食事介助の仕方に見る介護の極意


わたしがよく拝見するサイトで
スプーンと唇についての動画がありました。

スプーンを使って飲食物を口に入れて
やる時の方法についての動画です。

簡単に言えば、
口に入れるときは、スプーンを下唇に
触れ、受け入れた側は上唇を閉じる。
それを確認して、スプーンを水平に
引き戻す・・・。
というものでした。

なぜこんなことをわざわざ説明するか
と言いますと、

1.下唇に触れることで、「これから
口に入りますという前触れになる。
2.上唇を閉じるということは、
それを受け入れるというサインで
あること。

すなわち、両者の意思が通じている
ということです。

これが両者の意思が通じていないと、
いきなり何かを口に放り込まれて
受け入れが間に合わず、こぼして
しまったり、吐き出したということ
になりかねません。

いずれも一見当たり前のようなこと
をしているように見えますが、
これが結構できない介護従事者が
いるのです。

要は、どんな相手に対しても
「人間としての尊厳」を感じて
いるのかどうかということ
が問われているのです。

上手に介護する人は、
よく相手に声掛けをしています。

挨拶は勿論のこと、
一つひとつの動作をする際に
前触れとしての声掛けをしています。

往々にして、われわれは
小さな子供や、障害者や
老人、「怖くない人」等に対して
見下す傾向があります。

「どうせ何もわからない。」
「どうせ何もわからなく
なっている。」
「どうせ聞こえない。
理解できない。」等々。

新米教師の思い出

昔、私が小学校教師になった
ばかりの頃、放課後の教室で
ベテラン教師が子どもの悪口を言う
のを聞いて驚いたことがあります。

子どもがいないところで言うことは
よくあることかもしれませんが、
そのときは、すぐそばにまだ子どもが
いるのも構わずに話していたのでした。

そのとき、私は「子どもは大人の話に
入ってくるな。」という常識から
すれば仕方ないかもしれない。
とか、

「この先生は、わざと聞こえるように
言っているのだろうか。」
とか考えました。

たしかに、子どもというものは
優しくすればつけあがると言うところ
がありますから、けなしておいて
ちょうどいいのかもしれません。

こういう大人に接して、
「おとなとはそういうもんだ。」と
理解し、学ぶのかもしれません。

そして、やがてその子どももその
ようなおとなになっていくのでしょう。

認知症の人が怒りっぽくなったり
暴れたりするのは不思議な事ではない
という研究者がいます。

それは、その人の「人間としての尊厳」
を認めていないからだといえる
のではないでしょうか。

私の母についての印象が介護士や看護師
によって異なることに気づいたことがあります。

ある人は、「よくしゃべってくれる
んですよ。」と言い、
ある人は、「しゃべらない人かと
思いました。」と言います。

母は、怒ったり暴れたりしない
代わりに、無神経な人には
ダンマリ作戦を取っているようです。

スポンサーリンク