快便 まとめ これでバナナのような排便

2017年12月2日

わたしは最近「バナナのような快便」
が多くなりました。
気分が良いですね。

これには実は思い当たることがありま
す。

もともと、お通じが1日に平均1.5回
くらいはありますので、ほとんど便秘
はありません。
というか、1日でもお通じがないと、
わたし的には「便秘」です。

そんな私でも、「バナナ快便」は滅多
にありませんでした。

そこで、今回は「バナナ快便」の極意
をお伝えしましょう。


私の快便のためのルーチンワーク


朝のルーチンワーク

①起床すると一杯の水
いわゆる「モーニングウォーター
ですね。でも、このごろは、ポット
に残っていた白湯にジュースを少し
垂らして(=ぬるめて)飲んでいま
す。
②テレビ体操
6:25~35の10分間、TV体操
をします。
③朝食終了後にビタミンC
朝食のメニューは、毎日、納豆、大
根おろし、卵焼き、味噌汁、梅干し、
ご飯半杯という感じです。ビタミン
Cはサプリメント2錠(700mg弱)。
④トイレ
大抵、食後30分後くらいにトイレ
に入ります。便座に座ると、排便ま
でそのままじっとしているわけでは
ありません。
次のことをやります。
・体を左右前後に曲げる運動
・腕、肩、首を回す運動
これをやっている途中で便意を感じ
ます。

スポンサーリンク

昼のルーチンワーク

①昼食終了後にビタミンC
昼食は食パン1枚か麺類1杯程度。
ヨーグルト、バナナという感じ。
ビタミンCは朝と同じ。
②水分を切らさないよう努力します。
外出先にも水筒を携帯したりします。
③散歩をします。
毎日7000歩以上を目標に歩いてい
ます。悪天候や外出で歩けないこと
があると、翌日若干の不調を感じる
ほど体調には影響します。

夜のルーチンワーク

①夕食終了後にビタミンC
夕食は、朝昼と違いビール+αとと
もに満腹まで食べてしまいますね。
でも、ビタミンCは欠かしません。
②お風呂で
お腹付近を洗う時に、意識して腸を
マッサージするように洗います。即
ち、石鹸をつけた後、素手で腸もみ
をするわけです。「の」の字でやる
といいようですね。
③就寝前
いろんな体操をしてますが、腸に関
係ある体操もします。まず、うつ伏
せになってお腹付近をごろごろさせ
ます。次にエビ反りに起き上がる運
動10回という感じです。
そして、また朝同様一杯のぬるま湯
ジュース。そして、ビタミンC。こ
こでは、 350~500mg程度。


まとめ


ここまで読まれてお気づきでしょうが、
鍵は、ビタミンCにあるようです。
以前から快腸ですが、バナナ快便にな
ったのは、ビタミンCを1日3000mg程
度服用するようになってからです。
これには根拠があります。

ビタミンCの効能

ビタミンCは、免疫力アップや美容効
果など益々注目されています。

それは、腸内でも力を発揮しているよ
うです。
ビタミンCには、腸の力を活発にする
善玉菌である乳酸菌を増やす働きがあ
るのです。

スポンサーリンク