免疫力を高める運動 スロージョギング

なぜスロージョグは免疫力を
高めるか

「スロージョギング」とはその
名の通り、一般的なジョギング
よりもスローペースで走るジョ
ギングのことです。

 

 

 

それでは,なぜこのスロージョ
ギングが免疫力を高めることに
なるのでしょうか。

激しい運動の場合,体内の活性
酸素を増やすことでかえって免
疫力の低下を招くようです。

それに対し,スロージョギング
は,ゆっくりとした適度な有酸
素運動なので、免疫力を高める
ことになるのですね。

さらに,
ゆっくりとした有酸素運動を行
うということで、自律神経のバ
ランスを整えるのに役立ちます。

適度な運動を行い,程よく汗を
かくことは、呼吸を深め、自律
神経の交感神経と副交感神経の
バランスを整えてくれます。

具体的には,以下のような効果
があると研究者の田中宏暁先生
は言っています。

1.体力アップ
2.ダイエット・メタボ改善
3.生活習慣病の予防改善
4.脳機能の改善
5.ガンの予防

ストレスも免疫力低下の原因

職場や学校の人間関係などによ
るストレスも免疫力低下の原因
になっています。

スロージョギングは,「ストレ
スを忘れるための運動」、「ス
トレスを快楽刺激にするための
運動」であるため、ストレス対
策としても有効と言えるのです。

スロージョギングを実践する
と,前頭前野や運動野などを大
いに刺激するほかに、ふだん使
わない部分の脳をさかんに使用
するので、使用している部位を
休めることができるというので
す。

スロージョギングのやり方

では,推奨するスロージョギン
グのやり方を見てみましょう。

ポイントは次のとおりです。

1.最初の着地点は,かかとで
はなく足の指の付け根(フォ
アフット)になるようにする。

2.足踏みの速さを15秒間に45
回の速さにする。

3.歩幅は足の長さの半分くら
いから始めます。

4.目線は遠くに顎が少し上が
るくらい。

5.呼吸や腕振りは自然に任せ
る。

最初は歩く速さから始めます。
そのうちに,だんだん速く走れ
るようになります。

私の場合,スロージョギングが
体に良いと知ってから,毎日の
散歩の中でときどき取り入れて
る程度でした。

最近,足の裏の前のほうがが痛
いので,意識してスロージョギ
ングをすると気持ちいいので,
回数を増やしていたところでし
た。

痛んでいたところはフォアフッ
トというんですね。おかげで,
スロージョギングの効果を再認
識できました。

最初から長い距離を走るのは大
変なので,1分間のスロージョ
ギングと30秒のウォーキングの
組み合わせで良いようです。

まずは1日20分から始めます。
細切れに20分でも大丈夫です。
これを続けることで徐々に体力
がついてきます。

最後の重要なポイントはニコニ
コ笑顔です。おしゃべりできる
速さで走ることがポイントです。

これならずっと走り続けられそ
うですね。

動画「スロージョギングを始めよう」

 

スポンサーリンク

未分類

Posted by oksyu